ごあいさつ
challenge-1
当社は大正12年11月、関東大震災からの復興に「物流業を通じて貢献する」という志の下に開業、以来90年以上にわたり総合物流企業として時代の変革に対応してまいりました。

特に昭和20年代後半からエネルギーの主役となった石油の需要拡大に応じるべくタンクローリーによる石油配送分野に進出、関東・東北に営業所を展開し、当社の主力事業となりました。

これも偏にご愛顧いただきました荷主の方々をはじめ、永きに渡り日頃からお世話になっている総ての方々の温かいご支援ご協力のおかげであると心から感謝申し上げる次第でございます。

時代は今、新たな変革期に突入しております。
同時に、企業が社会に求められる使命・責任もますます重くなってきております。

少子高齢化や環境問題、コンプライアンスや安全規制の強化など、事業を行う上で向き合うべき問題が山積しております。

特に我が国ではエネルギー政策の転換期を迎えており、長年当社の主力事業であった石油配送部門の立ち位置も見直す時期に来ております。

開業以来長い歴史で培った「伝統や文化」と「激動する時代の変化への対応力」
これからの時代を突き進むためにはこの両輪をしっかり認識し確立する事。
そしてそれを動かすためには会社の持つ経営資源、とりわけ「ヒト」の力を磨くことだと思います。
個の力を磨いて結集し、そしてその総和がそれ以上の力となって初めて激動の時代を乗り越える原動力になると考えます。
来るべき創業100年、そしてその先を見据えた新たな視点で「物流を通じて社会に貢献する」という当社の経営理念を具現化するためにも目の前の一日一日を大切にして使命を果たしていきたいと思っております。

皆様におかれましては、今後とも倍旧のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

syatyouname4
syacho
大正12年、結城運送店として創業した頃使われていた荷馬車