グリーン経営
環境への取り組み
地球温暖化問題や大気汚染問題等、環境問題が深刻する中、京都議定書発効や改正省エネ法施行、そしてディーゼル車規制等の法規制に象徴されるように、我々物流業界も健全な事業活動を通じて社会・経済の発展と地球環境との調和を目指し、環境保全に積極的に取り組むことが使命であります。当社としては、環境方針を設定し、環境保全推進体制を構築してグリーン経営認証各事業所で取得、その一貫としてエコドライブ機器の導入、車両点検整備の徹底、適切な産業廃棄物処理に努めております。

グリーン経営認証
グリーン経営とは、環境負荷の少ない事業運営のことであり、中小規模の事業者が自主的で継続的に環境保全活動を行うものです。
国土交通省の外郭団体である交通エコロジーモビリティー財団が認証機関となり、グリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上の取組を行っている事業者に対して、審査の上認証・登録を行います。

グリーン経営認証営業所(平成30年4月1日現在)

●東北管轄
・秋田営業所 ・酒田営業所 ・仙台営業所 ・小名浜営業所 ・郡山営業所
●関東管轄
・栃木営業所 ・群馬営業所 ・静岡営業所 ・藤枝営業所
・王子営業所 ・潮見営業所 ・五井営業所 ・鹿島営業所

green
トラック事業の認証項目(大項目)は以下の通りです。

(1)環境保全のための仕組み・体制の整備
(2)エコドライブの実施
(3)低公害車の導入
(4)自動車の点検・整備
(5)廃車・廃棄物の適正な管理
(6)管理部門(事務所)における環境保全の推進

2017年度環境行動計画及び取組評価
2018年度環境行動計画