ごあいさつ
2018年11月に創業96年目を迎えることとなりました。

弊社は現在、「人手不足」「石油需要縮小」という大きな時代のうねりに加え、いよいよ段階的にスタートする
「働き方改革」への対応という大きな経営課題に直面しております。

そうした中、全社員が重要な社会インフラである「物流」という仕事に携わっているという誇りを忘れず、
これらの経営課題の克服に向けて一人一人が挑戦していくことが、創業100年、そしてその先10年、20年
と続く永続企業に最も必要だと考えます。

弊社は、1923年11月、関東大震災によって被災し焼け野原となった帝都東京を、「物流を通じて社会に
貢献する」という創業理念のもと、馬車による食料や材木の運搬から始めた、結城運送店が原点です。

そして96年の歴史は、先達から脈々と受け継がれてきた社会的使命、「物流を通じて社会に貢献する」という
創業理念を具現化してきた永続性の歴史であり、取り扱ってきた貨物や弊社を育てて頂いたお得意様、
お取引様は時代とともに変貌し、その変遷は弊社にとっては挑戦の連続の歴史でありました。

新たな時代が幕を開けます。

歴史から培った仕事を行う上での価値観を全社員が共有し、日本の基礎産業を物流面で支えてきた実績を、
新たな時代が求める物流ニーズに繋げるべく、チーム結城として邁進してまいります。

皆様におかれましては、引き続きご指導・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

DSCN0004_2
大正12年、結城運送店として創業した頃使われていた荷馬車