all for safety

沿革

1923年(大正12年)11月 東京市日本橋箱崎町において結城運送店として創業
1930年(昭和5年)3月 トラック2台を購入し、馬車運送より逐次トラック運送に転換
創業者 故 結城 幸作
昭和初期頃の「結城運送店」
1933年(昭和8年)5月 箱崎町に起重機及び倉庫を建設、艀を保有し、結城回漕店と改め回漕業を併営する
1937年(昭和12年)4月 結城回漕店大連支店を設け、昭和19年まで関東州全域の砂糖運搬に従事する
1941年(昭和16年)4月 江東区枝川町河岸に野積、荷捌場を開設、河岸荷役業を営む
1942年(昭和17年)7月 組織を株式会社とし、商号を結城運輸株式会社とする
1943年(昭和18年)2月 満州国錦県に営業所を設置、鉱石運搬に従事する
1945年(昭和20年)8月 終戦により国外支店、営業所を閉鎖する
戦争中の企業合同により「第一合同運輸(株)」に参加
昭和21年 江東区深川の結城倉庫
1946年(昭和21年)8月 現在地江東区深川の敷地4,950平方米に倉庫を建設し、一般貨物自動車運送業を復活させ、運送荷役を再開する
1948年(昭和23年)4月 横浜支店を開設し、輸出貨物の船積み、輸入貨物の取扱業を営む
1953年(昭和28年)4月 大協石油の石油類の運送を開始し、関東、東北の各地に営業所を設け石油類の荷役、輸送業務を営む
1954年(昭和29年)1月 倉庫部を独立させ、結城倉庫株式会社とする
1961年(昭和36年)4月 船橋営業所を独立させ、船橋結城運輸株式会社とする
1972年(昭和47年)2月 姉妹会社結城倉庫株式会社と合併し、商号を結城運輸倉庫株式会社とする
1973年(昭和48年)3月 東京都江東区深川に、本社社屋および倉庫を建設する
1976年(昭和51年)3月 千葉県船橋市に、潮見町倉庫を開設する
1980年(昭和55年)5月 福島県いわき市に、小名浜営業所を開設する
1982年(昭和57年)4月 現代の流通革新に対処し、流通産業業者として飛躍するため、結城運輸倉庫株式会社と船橋結城運輸株式会社を合併する
1983年(昭和58年)7月 千葉県市川市に、市川出張所を開設する
昭和28年 石油類運送開始のころのローリー
東京都江東区枝川町河岸の荷捌場
1983年(昭和58年)10月 子会社、丸幸産業株式会社を設立し、結城運輸倉庫株式会社の商事部門と分離独立し、関連資材の購入を始め車両リース、保険代理店業務の他、従業員に対する福利厚生面の充実を計る
1984年(昭和59年)7月 全国にまたがる倉庫会社23社と共同出資し、株式会社C.P.クラネットを設立、倉庫業を主に、全国ネットワーク化に参画する
1987年(昭和62年)11月 東京都江東区辰巳に、最新式の定温・冷蔵設備を備えた辰巳倉庫を新築、開設する
1988年(昭和62年)11月 押入れ産業株式会社発足に参加し、東京1号店(本社倉庫)、船橋1号店(潮見営業所)として営業を開始する
1991年(平成3年)11月 宮城県多賀城市仙台営業所の中に、定温設備を備えた仙台倉庫を新築、開設する
1993年(平成5年)5月 京葉港外貿埠頭に、船橋スチールセンターを新築、開設する
1994年(平成6年)7月 五井営業所業務拡充につき、第3車庫877㎡を取得する
1995年(平成7年)8月 群馬営業所業務拡充につき、新車庫2,563㎡を取得し、移転する
1996年(平成8年)9月 26,24KLローリー計8台を導入し、効率配送を促進する
昭和40年当時の大協石油(現コスモ石油)のタンクローリー
現在のタンクローリー
1997年(平成9年)4月 石油ローリー全車両に、車載端末を設置し、車両データの精度向上を図る
1998年(平成10年)9月 岡山県の山陽運輸倉庫株式会社との業務提携を開始する
2004年(平成16年)8月 本社倉庫事業部において、文書保管業務を開始する
2004年(平成16年)11月 軽油消費を年間63万リットル、CO2排出を1700トン削減見込んで、ミヤマ製エコドライブナビゲーションシステム(MHS-01)の全面導入決定。
2006年(平成18年)9月 光英システムの統合輸配送システム(GPS内蔵車載端末と連動し運行や位置等の情報をリアルタイムに管理できるシステム)を全面導入 配送の効率化や日報自動化、誤配送防止などの管理業務の効率化を目指す
文書保管業務用電動移動棚
大型輸送対応ISOコンテナ車
2007年(平成19年)9月 本社倉庫事業部において、文書保管業務のISMS認証取得
2008年(平成20年)6月 本社部門に受注配車センターを開設する
2009年(平成21年)9月 静岡県藤枝市に藤枝営業所を開設する
2014年(平成26年)6月 瀝青輸送株式会社、結城運輸倉庫株式会社にグループ入りする
2016年(平成28年)3月 山陽運輸倉庫株式会社の経営権を譲渡する
2016年(平成28年)9月 新規事業原料アルコール配送の大型輸送に対応するため26KLISOコンテナ車を導入する
2016年(平成28年)10月 光英システム製ドライブレコーダーを全車に導入する
2018年(平成30年)8月 静岡県静岡市清水区に清水営業所を開設する
2019年(令和元年)10月 コンプライアンス推進室を設置する
2020年(令和2年)4月 港運事業部市川出張所を閉鎖する
2020年(令和2年)8月 30KL積載トレーラー1台を導入し、生産性の向上を追求する
30KL積載トレーラー
電話での
エントリー
0336433701
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝祭日休み)